毎年のことですが、取引先に贈るお歳暮選びには悩まされます。

 

突然上司に頼まれて困ってしまったこともあります。

 

一年の感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですから、取引先の方に真心をこめたギフトを贈りたいものですね。

 

取引先に贈るお歳暮は、身内に贈るものとは選ぶポイントが違うと思います。

 

今日は、取引先の方に喜ばれる、センスがよいお歳暮を紹介したいと思います。

私の実体験。もらって喜ばれるお歳暮とは

小分けできるお歳暮

小分けできるお歳暮を贈れば、社員の方全員に感謝の気持ちが伝わりますので、取引先には、小分けできるものが一番です。

 

その場合は取引先の社員の人数も考慮します。

 

”デスクに戻った時に置いてあると、ちょっと嬉しいものを贈る”、と考えるとイメージしやすいです。

喜ばれる お歳暮

 

流行りのお菓子

テレビで紹介されたり話題になっているお菓子などは、間違いなく喜ばれます。

 

皆が注目しますし、「どちらの方(会社)からいただいたの?」というセリフが一番多く聞かれます。

 

 紙パックの100%ジュース

オフィスでは、缶コーヒーなどはそれぞれ好みもありますし、自動販売機で買えるものなので、お歳暮感が薄いのですが、

 

100%ジュースの紙パックは種類も豊富で珍しいフルーツもあり、楽しめながら飲めるので、人気があります。

包装の詰合せのおかき

少しずつの詰合せのおかきは食べやすく、おかきは小腹が空いた時に最適です。

 

デスクに置いてあると一番うれしいお菓子です。

喜ばれる お歳暮

 

読めば納得!人気がないお歳暮はコレ

 人気のないお歳暮を贈ってしまうと、相手先で手つかずのまま残ってしまいます。

 

最後には、どこから贈られたお歳暮かわからないまま賞味期限を迎えてしまう、悲しい結末になってしまいますので避けたいものです。

 

では、人気のないお歳暮とはどんなものなのでしょうか?

 

1 賞味期限の短いもの

忙しい取引先ではすぐに食べられない場合があります。

 

土日をまたいでしまうと、食べる暇もありません

 

2 開封後に手間がかかるもの

ホールケーキのように、小分けのためにナイフでのカットが必要なものなどは、ナイフの他、お皿なども必要になり、手間がかかり、喜ばれません。

 

3 甘味辛味が強過ぎるもの

激辛のお菓子、甘すぎるお菓子(羊羹等)は、仕事中に簡単に食べることができないので、なかなか手をつけられせん。

 

4 冷蔵・冷凍保存が必要な食品

オフィスに冷蔵庫がない場合もありますし、給湯室などにある冷蔵庫は、なかなか開ける機会がありません。冷凍庫なら尚更です。

 

冷蔵庫にしまったままになってしまう可能性は高いです。

 

 

取引先に喜ばれるお歳暮のまとめ

 取引先の方に日ごろの感謝をこめてお贈りするお歳暮です。毎年のことですが、贈るからにはやっばり喜んでいただきたいものです。

 

取引先の手間をとらせない、個包装の食べやすいものなど、相手の喜ぶ顔を浮かべながら、お歳暮選びを楽しんでくださいね。

 

おすすめの記事