猛暑も過ぎ去りだんだん涼しい日が増えて、夜は肌寒い日も出てきました。

徐々に冬仕度を考える季節ですが、電気代を節約しつつお手軽に暖かく眠れる電気毛布は人気がありますよね。

 

そんな電気毛布ですが、電化製品ということで、洗えないと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、ほとんどの電気毛布は洗えるんです!
もしかして、知ってました?(笑)
知らなかったという人のために、電気毛布を簡単に上手に洗えるコツをこそっとお伝えします。

どの電気毛布が洗えるの?ポイントは1つだけ

実は、私も電気毛布を洗うという発想がなくて、ついこの間までは、こまめに除菌効果のある布用消臭スプレーを使って天日干しをするだけにしていました。

でも、やっぱり汚れが気になるなぁ・・・

1シーズン通して使うものなので、やはり衛生面はとても気になりますよね。

 

洗えるかどうかの確認ポイントはここ!

まず、お使いの電気毛布が洗えるものなのか?確認してみましょう。

判断基準は、電気毛布についている洗濯表示を参考にします。

 

洗濯できないものにはタグにこのマークがついています。

電気毛布 洗える
このマークがついていないなら、洗える電気毛布ということです。

それでは洗ってみましょう!

手洗いで洗う場合

まずは毛布を洗面器、もしくはバケツなどのサイズに合わせて折ります。

蛇腹に折ると、中のコードを傷めずに洗うことができます。

 

蛇腹折りとは、こういう折り方です。

電気毛布 洗える

参照元:蛇腹折りについて

とても年季が入った電気毛布なので、ちょっとお恥ずかしいですが・・・

このサイズが入る洗面器がなかったため、バスタブの中で洗うことにしました。

電気毛布 洗える

30℃以上のお湯で洗うのは良くないとのことだったので、少し冷たいと感じる程度の湯温で全体的にシャワーを使って濡らしていきます。

 

液体洗剤を少しずつ入れて、あとはゆっくり手で押して洗っていきます。

 

汚れが落ちたのを確認できたところで、バスタブから取り出して、ゆっくり押しながら水分を抜いていきます。

 

ある程度水分が抜けたら、もう1度バスタブに戻して、同じ湯温で2度洗い。

 

十分に洗い流したあと、汚れた水をながし、再度水を貯め柔軟剤をいれて、電気毛布を少し浸しておきます。

 

満遍なく柔軟剤を染み込ませたら、またゆっくり手で押しながら水を絞ります。

 

仕上げは、室内干し用の物干し竿にM字干ししました。

 

手洗いのコツ

手洗いのコツは、水分を絞る時、ねじらないことです。

ねじってしまうと、中の電熱コードの断線につながってしまいます。

 

手で押して、ある程度水分を取ったらバスタブの縁に掛けて、しばらくそのままにして置く。

 

水分を抜いて干すようにすると、電熱コードを傷めず脱水できます。

洗濯機で洗う場合

洗濯機対応の電気毛布をお持ちの方は、圧倒的に洗濯機の方が簡単です!

 

同じく蛇腹に電気毛布を折りますが、コネクタ部分が内側に入るように気をつけて折りましょう。

 

洗濯ネットに入れて、毛布コースかドライコースで、優しく洗えるコースを選びましょう。

 

脱水は60秒までが目安です。干し方は手洗いの時と同じ、M字干しにすると乾きやすいです。

 

洗濯機洗いのコツ

静電気を防ぐための、柔軟剤はあった方がいいです。

 

もしも、柔軟剤に抵抗がある方は、クエン酸を使用すると柔軟剤の代わりとして使用できるようなのでおすすめです。

 

洗濯機で洗う際は、中性洗剤を使いましょう。

 

脱水は60秒までが目安なので、少し手間はかかりますが、脱水モードのみにし、一旦止めてまたすすぐという方法が、電気毛布を傷めず洗うコツです。

 

また、洗濯機対応の電気毛布であっても、ドラム式洗濯機では洗濯できないようなのでご注意ください。

取扱説明書で確認する

取り扱い説明書を無くしてしまった・・・。という方も安心してください。

 

今はネットで検索すれば、古い製品でも取扱説明書を見ることができます。

 

お使いの電気毛布の取り扱い説明書は、必ず確認してから洗濯して下さいね。

 

これから冬にかけて大活躍の電気毛布。

 

冬が来る前に、1度洗濯して気持ちよく冬を迎えてみませんか?
おすすめの記事