インフルエンザの予防接種については、賛否両論の意見があります。

 

予防接種を受けたとしても、ほとんど意味がないし、重篤な副作用のことを考えれば受けるべきではないという意見。

 

受けることで、もし感染したとしても重症化を防ぐことができるため、受けるべきだという意見。

 

自分のことならまだしも、小さい子供のことを考えると、インフルエンザの予防接種を受けさすべきかやめておくべきか・・・悩みますよね。

 

今日は、

 

インフルエンザの予防接種について、受けた場合のリスク(副反応)についてまとめてみました。

インフルエンザの予防接種を受けた場合のリスク(副反応)

ワクチン接種は、副反応が起こる可能性がありますが、インフルエンザワクチンは一般的には程度は軽く、安全性が高いとされています。

注射を打った箇所に起こる副反応

・赤くなる

・腫れる

・硬くなる

・熱をもつ

・痛くなる

これらは、接種を受けた人の10%~20%の割合で起こるとされていて、通常は2、3日で消失します。

 

全身に現れる副反応

・発熱

・悪寒

・頭痛

・めまい

・嘔吐

・倦怠感

・下痢

・リンパ節の腫れ

これらの症状も、接種を受けた人の5%~10%の人に起こるとされており、通常は2、3日でおさまります。

重篤な副反応

①アナフィキラシー
とても強いアレルギー反応です。

のどが腫れ気道がつまることで呼吸困難に陥ったり、急激な血圧の低下によって意識を失うなど、命に関わる危険な状態となります。

 

②急性散在性脳脊髄炎
ウィルス感染やワクチン接種などが原因で発症する、脳や脊髄、神経系の病気です。

ワクチン接種後1~4週間以内に発生することが多いです。

発熱、頭痛、意識混濁、歩行障害、運動麻痺、目が見えにくい、感覚障害といった症状があり、重い後遺症が残ったり、死亡することもあります。

 

③ギランバレー症候群
日本では、年間2000人以上が発症している病気で、特定疾患の難病に指定されています。

初期症状は、足のしびれや、足が重く感じるといった症状が出ますが、その後急速に、四肢に麻痺が起こり、数日で手足が動かなくなってしまいます。

また、重篤の場合には呼吸筋の麻痺によって呼吸困難に陥ったり、脳神経麻痺や、顔面麻痺となる場合もあります。

 

④肝機能障害
肝機能に異常が起き、正常な働きが出来なくなる病気です。

倦怠感や食欲不振、黄疸、尿の色が濃いなどといった症状が現れますが、初期にはほとんど自覚症状がないと言われています。

肝機能障害をそのまま放置してしまうと、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどになる恐れがあります。

 

⑤ぜんそく発作
息をするときに、ゼーゼーという音やヒューヒューという音など、喘鳴(ぜんめい)がします。

気道が炎症していて、空気の通り道が狭い状態となるので、発作が起きた場合、適切な処置を行わずにいると、呼吸困難になり、最悪の場合には死亡することもある病気です。

 

この5つの重篤な副反応は、滅多に起こることはなく、非常にまれに起こることがあります。

子供にインフルエンザの予防接種を受けるor受けさせないの選択

重篤な副反応を知り、万が一自分の子にそれらの副反応が出てしまったら・・・。と考えると、とても怖くなりますね。

 

ですが、

私は、毎年娘たちにはインフルエンザの予防接種は受けさせています。

なぜなら、

重篤な副反応が出る確率よりも、インフルエンザに感染して重篤化する確率の方が高いと言われているからです。

 

インフルエンザの合併症には、肺炎、インフルエンザ脳症、心筋炎、急性胃腸炎、中耳炎など、いくつかあります。

 

そして、重症化すれば命に関わったり、後遺症が残る場合もあります。

 

予防接種を打つことで、こういったインフルエンザウィルス感染によって起こる合併症の重症化を防ぐ効果があるといわれているため、私は自分含め、娘たちにも接種させています。

 

しかし、考え方は人それぞれで、予防接種は打たせない、という親御さんがいるのも確かです。

 

インフルエンザの予防接種の副作用は、こういう症状の可能性がある。と頭の片隅に置きながら、予防接種を受けるor受けないの判断をしていただくと良いかもしれません。

おすすめの記事